寝ている間もダイエットが進む9のアドバイス

12 Jul 2018 08:13 137
56,478
956 51

誰でも、努力を必要としない、簡単で効果的なダイエットを好みますよね。これから紹介する、とっておきのアドバイスに従えば、寝ている間にも体重を減らすことができるのです!簡単に体重を落とす方法を探している方に必見です!
栄養についての、あるアメリカのジャーナルによると、しっかり睡眠・休息が取れている人は、十分に睡眠が取れていない人よりも、食後に20%多くのカロリーを消費します。
寝る前に30グラムのプロテインドリンクを飲むようにしましょう。それだけで、すやすや眠っている間に体重を落とす効果がありますよ。
熟睡しているときに、脳は成長ホルモンを分泌します。夜遅くに食事をすると、この成長ホルモンは、食べ物を、エネルギーとしてではなく、脂肪として蓄えてしまいます。これがどういうことかは、わかりますよね。お腹周りにお肉がたまっていくのです。
寝る直前にお酒を飲むと、身体は睡眠中にアルコールを分解します。この過程は、睡眠中に最もカロリーを消費するレム睡眠を妨げます。
運動すると鼓動が激しくなり、身体が活動状態になるため、就寝前に体を動かすと、十分な休息が取れなくなってしまうので、朝に運動しましょう。

音楽:
https://www.youtube.com/audiolibrary/music
タイムスタンプ:
寝る前にプロテインを飲む 0:39
夕食の量を減らす 1:14
アルコール制限 2:00
規則正しい睡眠時間 2:44
就寝前の運動を避ける 3:46
寝室の電子機器を切る 4:33
暖房を切る 5:45
真っ暗闇で寝る 6:15
裸で寝る 7:03
概要:
-プロテインは筋肉を修復してくれるのです。筋肉が多いほど、寝ている間のカロリー消費量も多くなります。
-食事の量を減らすことは必要な量だけを食べることになり、食べ過ぎて気持ちが悪くなることもなくなります。
-夕食にワイン1杯を飲むのは結構ですが、就寝前の3時間はアルコールを摂取しないようにしましょう。そうすれば、質の良い睡眠、同時にカロリーを消費してくれる睡眠が得られます。
-毎日同じ時間にベッドに入り、7~8時間の十分な睡眠をとれば、身体はもっとカロリーを消費してくれます。
-朝に運動すると、身体が目覚めるのでよいでしょう。身体の目覚ましになり、エネルギーが湧いてきますよ。
-スマホは睡眠の妨げになっているだけでなく、身体が脂肪を燃やすのも妨げているのです。寝る時間になったら電子機器の電源を切って、しっかり睡眠をとりましょう!

-気温が低い状態で寝ると、身体を温め、お腹周りの脂肪を燃焼させる役割を持つ褐色脂肪細胞の割合が高くなります。
-暗闇で寝ることで、身体がメラトニンを生成し、それにより生成された褐色脂肪細胞が体温を上げ、お腹の脂肪を燃やしてくれます。
-身体の体温が下がるので、先に述べたように、休んでいる間にも身体はより多くのカロリーを消費します。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
-------------------------------------------------------------------------------------------
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
-----------------------------------------
声の提供
かいどうまゆ さくらい声優事務所

Related of "寝ている間もダイエットが進む9のアドバイス" Videos